介護ニュース

介護関連ニュース

「特別養護老人ホームは安く、有料老人ホームは高い」とは限らない 自分にあった施設選びで、費用を抑えることができます。

在宅での生活が難しくなったとき、将来に不安を覚えたとき、施設入所を検討される方は多くおられます。 よく皆様が言われるのが、「特別養護老人ホームは安い」「有料老人ホームは高い」なんですが、実は一概にそうとも限りません。 自分にあった施設を選ぶことで、費用を抑えることができます。そのポイントをまとめてみました。 「特別養護老人ホームは安く、有料老人ホームは高い」とは限らない 自分にあった施設選びで、費用を抑えることができます。 「特別養護老人ホーム(特養)」と、終身目的の施設ではないのですが「老人保健施設(老健)」は、収入が低ければ、食事や部屋代の減免制度があります。 段階は1~4があり、第1段階は生活保護、そして第4段階は減免が効きません。 この段階を知るには、自分(配偶者がいればその分も)の全ての財産を明らかにして役所に申請し、負担限度額認定証をもらいます。 第4段階であれば、わざわざ特養にこだわることはありません。

今の特養はユニット型が多く、そうなればだいたい月額20万円ほどになる施設が多いです。 経験からみると、ある程度の企業を定年まで勤め上げて年金をもらっている男性は、減免が効かないケースが少なくありません。 そして、この場合、有料老人ホームと料金的には変わらなくなります。
「特別養護老人ホームは安く、有料老人ホームは高い」とは限らない 自分にあった施設選びで、費用を抑えることができます。
料金に幅がある「介護付き有料老人ホーム」
有料老人ホームには、「介護付き」と「住宅型」がありますが、この2つは介護保険上、全くの別物になります。 こちらで説明する「介護付き」は、要介護度に応じて月額の介護報酬が定められている施設になり、月々払う料金はほぼ一定です。
「介護付き有料老人ホーム」といえば、入居金も月々の費用も高く、敷居が高いイメージがありますが、特養とほぼ料金が変わらないような低額の施設もあります。 料金設定は施設によってかなり開きがあります。
高級な施設であれば、入居金何千万・月額30万円以上のところもありますし、低額の施設を探してみると、月に20万円しないところもあります。 特養の場合、「要介護3以上」でなければ原則申し込みはできませんので、第4段階で減免が効かず、さらに介護度の低い方であれば、有料老人ホームに入居する方が早く、料金も大差ないことが多いです。
引用:マネーの達人https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010011-manetatsun-life

住宅型老人ホームはヒューマニティー
>> 介護関連ニュースTOPページ

株式会社ヒューマニティー各施設紹介ページ

【大阪府の施設】枚方市、河内長野市、和泉市

・フィオレシニアレジデンス枚方【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/hirakata.html
・なすの郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/nasu.html
・ロイヤルライフ河内の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/kawachi.html
・ロイヤルライフ照の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/sinsho.html
・和泉寺田の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/terada.html
・和泉箕形の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/izumi.html

【兵庫県の施設】高砂市、加古郡

さくら荘【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県高砂市)
  https://www.hyumanity.co.jp/takasago.html
シャンティいなみⅠ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty1.html
シャンティいなみⅡ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty2.html


大阪・兵庫の老人ホームは Copyright(c) 2018 株式会社 ヒューマニティー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com