介護ニュース

介護関連ニュース

作業療法士が認知症介護で重視するのは「その人の生活史」

作業療法士は、病気や加齢による障害をケアする医療者。生活や人生をその人らしく営めるよう技術や工夫を駆使して、サポートするプロだ。認知症の症状や心の状態も熟知し、介護に悩む家族にとっては力強い味方となる。 作業療法士が行う、病院や介護施設での作業療法は、まずできることを探すのだという。作業療法士を育てる文京学院大学教授の大橋幸子さんはこう語る。
「作業療法士が重視するのはその人の生活史。子育てや家事を地道にやった、仕事で活躍した、趣味を楽しんだ、あるいは雪国育ちで冬は大変な思いをしたなど、その人の人生を少しずつうかがいます。 そこから得意な作業や興味を聞き出すのが主目的ですが、認知症の人の多くは、昔の記憶は比較的はっきりしているので、昔話なら自信を持って話せます。若い頃を思い出すことで自分を取り戻し、その話に興味を持って聞いてくれる相手と通じ合える。これだけでも心が安定するのです。 そして、それぞれの人が得意で好きなこと、今も頑張ればできることを行います。たとえば園芸や木工、手芸。社交的な人はおしゃべり会や歌、静かな作業が好きな人は折り紙や塗り絵など。これらを行って、できたときの喜びや満足感、作品などの成果が“すごいね”と、ほめられることも重要。自分が役立つ存在だと認められたいという承認欲求が満たされるのです」 介護施設で高齢者が折り紙などに没頭する姿の意味を、正直、理解できずにいた。 が、実際に放尿や唾吐きなどの行為で周囲を困らせていた認知症の人が、大きなちぎり絵を完成させて絶賛されると行為が治まった、というような事例はたくさんあるという。 「責任を背負って仕事や家事に追われ、日々小さな成果を得て生きている世代には理解しにくいかもしれませんが、普段、心の中が混とんとした認知症高齢者にとって、喜びや達成感、承認欲求の満足は、大きな意味を持つのです」(大橋さん、以下内同)

引用:ポストセブンhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00000013-pseven-soci

住宅型老人ホーム
>> 介護関連ニュースTOPページ

株式会社ヒューマニティー各施設紹介ページ

【大阪府の施設】枚方市、河内長野市、和泉市

・フィオレシニアレジデンス枚方【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/hirakata.html
・なすの郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/nasu.html
・ロイヤルライフ河内の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/kawachi.html
・ロイヤルライフ照の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/sinsho.html
・和泉寺田の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/terada.html
・和泉箕形の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/izumi.html

【兵庫県の施設】高砂市、加古郡

さくら荘【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県高砂市)
  https://www.hyumanity.co.jp/takasago.html
シャンティいなみⅠ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty1.html
シャンティいなみⅡ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty2.html


大阪・兵庫の老人ホームは Copyright(c) 2018 株式会社 ヒューマニティー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com