介護関連ニュース

認知症ケアの本質に逆行する介護保険の制度改正

「医療」は本当に役に立つのか  介護保険が4月から第7期を迎える。介護サービスとその報酬は3年ごとに見直される。その6回目の改定になる。財源難の中で確実な利用者増が見込まれる中、厚労省は新規サービスの拡充を諦め、制度の持続性を前面に打ち出すことになった。  そこで掲げたスローガンが、「自立支援」による「重度化防止」と「適正化」である。切り札として介入してきたのが「医療」だ。「治す」ことが目的の医療が多くのサービスに入り込み、「回復」させるための錦の御旗として「自立支援」が謳われる。「回復」の波が広がれば、要介護度が軽減されて総費用は下がるはず。社会保障費の膨張に悩む財務省の覚えがめでたくなる、という筋書きだ。  現実の介護の現場で介護者を悩ませている大きな課題の一つは認知症ケアである。認知症ケアについて、今回の制度改定でどのような変化が起きるのだろうか。点検してみた。  まず、「認知症サポート医」の出番を位置付けた。認知症の人が受診している近くの「かかりつけ医」が、「認知症サポート医」の資格を持つ医師からの助言を得て、診察に当たると双方の診療所に新たに報酬が付く。  かかりつけ医の診療所には、「認知症療養指導料」として3000円、サポート医の診療所には「認知症サポート指導料」として4500円である。
引用:DAIMOND ONLINEhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00164976-diamond-soci

>> 介護関連ニュースTOPページ

株式会社ヒューマニティー各施設紹介ページ

【大阪府の施設】枚方市、河内長野市、和泉市

・フィオレシニアレジデンス枚方【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/hirakata.html
・なすの郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/nasu.html
・ロイヤルライフ河内の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/kawachi.html
・ロイヤルライフ照の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/sinsho.html
・和泉寺田の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/terada.html
・和泉箕形の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/izumi.html

【兵庫県の施設】高砂市、加古郡

さくら荘【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県高砂市)
  https://www.hyumanity.co.jp/takasago.html
シャンティいなみⅠ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty1.html
シャンティいなみⅡ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty2.html


大阪・兵庫の老人ホームは Copyright(c) 2018 株式会社 ヒューマニティー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com