介護関連ニュース

家族の認知症発症を早期発見できる3つの手がかりとは

2015年の日本人の平均寿命は男性が80.79歳、女性が87.05歳でともに過去最高を更新しました。今後、高齢化率はさらに増加すると予想される中で、「加齢」が最大の危険因子である「認知症」が増加すると推測されています。 認知症やその予備軍の高齢者数は、10年以内に約2人に1人になると見込まれており、認知症が「国民病」と評されるようになっています。 認知症予防の重要性が増す中で、認知症についての正しい知識を獲得し、予防意識を高める必要があります。そこで今回は、認知症に至るまでの過程と早期発見のポイントについて解説します。 も、良くも悪くも状態が変化した場合は、見直ししてもらわなければなりません。 ■認知症はとても身近と知るべし 認知症の高齢者数は、2012年で全国に約462万人と推計されており、65歳以上の高齢者の7人に1人です。しかし2025年には約700万人、5人に1人になると見込まれています(※1)。 さらに、厚生労働省は、認知症とその予備軍とされる「軽度認知障害(MCI)」の人口は862万人(65歳以上の4人に1人)存在すると発表しています。2025年には65歳以上の2人に1人が認知症またはその予備軍になると考えると、驚くほど認知症は身近な存在です。 ■認知症と物忘れはどう異なるのか? 「物忘れ」は高齢者における生理的な現象であり、高齢になると誰でも物忘れをするものと考えられていた時期がありました。しかし最近の脳科学の展開により、加齢により必ずしも脳神経細胞の減少を認めないこと、健康な高齢者では脳の糖代謝・血流量は加齢による低下がほとんど認められないこと、といった事実が明らかにされ、すべての人が物忘れを呈するわけではないという理解がなされるようになりました。 Read more 引用:サライ.jphttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180306-00010000-seraijp-hlth

>> 介護関連ニュースTOPページ

株式会社ヒューマニティー各施設紹介ページ

【大阪府の施設】枚方市、河内長野市、和泉市

・フィオレシニアレジデンス枚方【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/hirakata.html
・なすの郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/nasu.html
・ロイヤルライフ河内の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/kawachi.html
・ロイヤルライフ照の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/sinsho.html
・和泉寺田の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/terada.html
・和泉箕形の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/izumi.html

【兵庫県の施設】高砂市、加古郡

さくら荘【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県高砂市)
  https://www.hyumanity.co.jp/takasago.html
シャンティいなみⅠ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty1.html
シャンティいなみⅡ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty2.html


大阪・兵庫の老人ホームは Copyright(c) 2018 株式会社 ヒューマニティー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com