最新・介護関連ニュース

介護関連ニュース

利用者の選択支援でケアマネジメントの質確保を - 日本介護支援専門員協会、調査報告書を公表

日本介護支援専門員協会はケアマネジメントの公正・中立性の確保を促し、質の評価指標導入に向けた課題を検討するために、海外と日本の制度運用を比較検証した調査の報告書を公表した。日本の介護支援専門員(ケアマネジャー)に今後強く求められる役割として、利用者による主体的な選択への支援を指摘している。また、利用者によるサービスの選択を促すための仕組みとして、介護サービスの質に対する「外部評価機構の設置」の検討や「保険者機能の強化」などの重要性を示している。【吉木ちひろ】  調査は、2018年度の厚生労働省の老人保健健康増進等事業として実施。オランダ、ドイツ、英国、オーストラリアのケアマネジメント機能に関連する政策や制度を調べ、日本のケアマネジメントの公正・中立性を確保するための取り組みや質の評価指標導入に向けた課題・方法を検討した。  報告書によると、比較対象の4カ国では制度として利用可能なサービスの範囲や対象者、日本のケアマネジャーが担っている機能の実施主体にそれぞれ違いはあるものの、いずれも利用者がサービス提供事業者を選択する仕組みが採用されている。例えば英国では、自治体によるサービスが定めるケアプランで、利用する介護サービスの種類や量が決まるが、サービス提供事業者自体は利用者が選択する。また、海外事例では介護サービスの質の確保について国や自治体などが責任を負っているため、日本のケアマネジメントと異なり、サービス選択時の公平性は各国では特に課題として認識されていないという。   こうした事例から報告書では、日本が諸外国の制度を参考にすべき点を「利用者による介護サービスの自己選択を、よりいっそう周知徹底し、推進していくことが重要」などとまとめている。また、質の評価の観点からは、海外では国や保険会社などの支払側がサービス提供事業者の監査を行い、その基準がガイドラインやサービスの質評価指標として活用されていた。そこで、日本でもサービスとケアマネジメントの質を分けて考え、ケアマネジャーの質は全体調整やケアマネジメントに特化して論じるべきと指摘している。  一方、日本のケアマネジャーの強みとしては利用者への支援が必要な介護サービスだけでなく、家族の介護力・経済力などのほか、地域資源や医療的な側面などを総合的に判断してケアマネジメントを実施していることを指摘した。今後の検討事項として、横断的な生活支援を担う専門職としての評価や他職種・自治体との役割分担を挙げている。
引用:CBnewshttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-19350000-cbn-soci

住宅型老人ホームをお探しならヒューマニティー
>> 介護関連ニュースTOPページ

株式会社ヒューマニティー各施設紹介ページ

【大阪府の施設】枚方市、河内長野市、和泉市

・フィオレシニアレジデンス枚方【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/hirakata.html
・なすの郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/nasu.html
・ロイヤルライフ河内の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/kawachi.html
・ロイヤルライフ照の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/sinsho.html
・和泉寺田の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/terada.html
・和泉箕形の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/izumi.html

【兵庫県の施設】高砂市、加古郡

さくら荘【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県高砂市)
  https://www.hyumanity.co.jp/takasago.html
シャンティいなみⅠ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty1.html
シャンティいなみⅡ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty2.html


大阪・兵庫の老人ホームは Copyright(c) 2018 株式会社 ヒューマニティー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com