最新・介護関連ニュース

介護関連ニュース

介護人材定着、職場改善から 静岡県内事業所に動き、県も後押し

高齢化の進展で介護人材の確保が課題となる中、静岡県内の介護事業所で職場環境を改善して人材定着を図ろうとする動きが進んでいる。介護の仕事は「きつい」「汚い」などのイメージから敬遠されがち。職員の子育て支援や有給休暇の取得促進などに取り組み、業界全体のイメージアップにもつなげる狙いだ。  磐田市の特別養護老人ホーム「豊田一空園」は、職員の約8割が女性であることを考慮し、子育て支援に力を入れる。短時間勤務中も給与を全額保障、幼稚園や保育園の通園手当を毎月支給する。運営法人の施設内に保育所を設置した。この結果、育児休業復帰率は100%になり、時短勤務中の女性職員から管理職も生まれた。  有給休暇は、取得期間の2年を過ぎた分も積み立て、制限付きで利用できる制度を創設。取得率は2014年の60%が、17年は69%に上昇した。非常勤、正規職員双方の意見を働き方改革に反映している。  角田征紀施設長は「職員から『制度があるからここで働ける』と言ってもらえる。開かれた施設にして職場環境を多くの人に知ってもらい、介護のイメージが変わればうれしい」と話す。  静岡市清水区の特別養護老人ホーム「白扇閣」は、介護福祉士実務者養成施設になって事業所内で講座を開けるようにした。職員が給与を得つつ、勤務時間中に資格を取得できる仕組み。同区の介護老人保健施設「鶴舞乃城」では、子連れ出勤を可能にした。  県はこうした動きを支援するため、職場改善やサービスの質向上に取り組んだ介護事業所の表彰制度を、昨年度創設した。これまでに20施設が受賞。事例発表会も開き、画期的取り組みは業界全体での共有を呼び掛ける。  県は人材確保に向けて19年度当初予算に前年度比8千万円増の4億9千万円を計上。改正入管難民法施行による4月の在留資格拡大を受け、海外でリクルート活動も始める。県介護保険課の浦田卓靖課長は「職場改善の創意工夫をいかに見える化できるかが大事。現場の努力を外部に伝えられるよう、県も情報発信に力を入れたい」と話す。
引用:静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000007-at_s-l22

住宅型老人ホームをお探しならヒューマニティー
>> 介護関連ニュースTOPページ

株式会社ヒューマニティー各施設紹介ページ

【大阪府の施設】枚方市、河内長野市、和泉市

・フィオレシニアレジデンス枚方【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/hirakata.html
・なすの郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/nasu.html
・ロイヤルライフ河内の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/kawachi.html
・ロイヤルライフ照の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/sinsho.html
・和泉寺田の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/terada.html
・和泉箕形の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/izumi.html

【兵庫県の施設】高砂市、加古郡

さくら荘【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県高砂市)
  https://www.hyumanity.co.jp/takasago.html
シャンティいなみⅠ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty1.html
シャンティいなみⅡ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty2.html


大阪・兵庫の老人ホームは Copyright(c) 2018 株式会社 ヒューマニティー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com