最新・介護関連ニュース

介護関連ニュース

手仕事が得意な母が認知症に…18年間の日々を娘が描いた漫画が泣ける

若年性アルツハイマー病を患った母親の介護記録を、漫画エッセー『母が若年性アルツハイマーになりました。』にまとめた、イラストレーターのNiccoさん。本では、母の雅子さんが「物忘れ」をするようになった1998年から、2016年に75歳で亡くなるまでの18年間の日々が丁寧に描かれています。 . 「おかしい。病院に連れて行って」 「母が『何かおかしい。病院に連れて行って』と父に訴え、初めて国立病院の神経内科を受診したのは1998年8月。57歳の時でした。その時は『加齢による物忘れでしょう』と診断されたものの、納得できなかった母は60歳になってから再び病院へ。この時も診断結果は同じでしたが、母はもうこの頃から『自分はアルツハイマー病だ』と感じていたように思います」。そう当時を振り返るNiccoさん。 母の雅子さんは、自宅でレザークラフトの教室を主宰。生徒さんに教えるほか、自宅の一部をショップに改装して作品を販売したり、他の工芸の先生方と作品の展示会を開いたりと、多くの人との交流を楽しむ社交的な人でした。ほかにも健康のために水泳や社交ダンスにも通うなど、およそアルツハイマー病からは遠い生活に思えたといいます。 「二度目に精神科を受診した頃は、母の物忘れはかなり進んでいて、会話の中であれ?と思うこともあったのですが、医師から病気ではない、と言われ、日常生活も送れていたので、家族は母の症状がアルツハイマー病によるものだ、とは気づきませんでした」 . もっと早く診断されていれば… 雅子さんがアルツハイマー病と診断されたのは62歳の時。2003年8月のことです。最初に不安を訴えてから、すでに5年が過ぎていました。 「内科医から紹介されて訪ねたメンタルクリニックで、初めて病名が明らかになりました。母は診察の際に『10時10分』の時計の針が描けなかったのです。家族もショックでしたが、誰よりも辛かったのは母だと思います。もっと早く診断されていれば、進行を遅らせる薬だって使えたかもしれないのにと、残念でなりませんでした」 この病気は診断がつくまでが大変、とNiccoさん。その間、家族も不安ですが、何よりも本人が一番不安だからです。雅子さんが書いたメモにも、そんな気持ちがよく表れています。
引用:なかまぁるhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00010000-nakamaaru-hlth

住宅型老人ホームをお探しならヒューマニティー
>> 介護関連ニュースTOPページ

株式会社ヒューマニティー各施設紹介ページ

【大阪府の施設】枚方市、河内長野市、和泉市

・フィオレシニアレジデンス枚方【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/hirakata.html
・なすの郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府枚方市)
  https://www.hyumanity.co.jp/nasu.html
・ロイヤルライフ河内の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/kawachi.html
・ロイヤルライフ照の郷【住宅型有料老人ホーム】(大阪府河内長野市)
  https://www.hyumanity.co.jp/sinsho.html
・和泉寺田の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/terada.html
・和泉箕形の郷【サービス付き高齢者向け住宅】(大阪府和泉市)
  https://www.hyumanity.co.jp/izumi.html

【兵庫県の施設】高砂市、加古郡

さくら荘【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県高砂市)
  https://www.hyumanity.co.jp/takasago.html
シャンティいなみⅠ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty1.html
シャンティいなみⅡ号館【高齢者向け賃貸住宅】(兵庫県加古郡)
  https://www.hyumanity.co.jp/syanty2.html


大阪・兵庫の老人ホームは Copyright(c) 2018 株式会社 ヒューマニティー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com